『古事記傳』1−1


古記典等総論(いにしえブミどものスベテノさだ)

 前代の故事(歴史)を記した書は、いつごろからあったのだろうか。書紀【日本書紀のこと。以下記伝中すべて同じ。】の履中天皇の巻に「四年秋八月、始之於2諸国1置2国史1記2言事1(はじめてクニグニにフミビトをおき、コトワザをしるす)」とあるのを見ると、朝廷にはこれ以前から史官がいて、記録が取られていたことが分かる。しかしそれは当時起こったことを記したのであり、前代のことを書いたかどうかは分からないが、当時のことを書いたのであれば、昔のことにもそれなりに文中で触れていただろうから、その頃からあったのだろう。そのため、書紀が編纂された頃には古記も多くあったことと思われる。【書紀の神代巻に「一書に曰く」として異説が多く採られているのでも分かる。】小治田(おはりだ)の宮(推古天皇)の御代、二十八年に、聖徳太子が蘇我馬子と協力して、「天皇記および国記、臣(オミ)連(ムラジ)伴造(トモノミヤツコ)国造(クニノミヤツコ)百八十部、また公民等本記」を作ったと書紀にある。これが史書編纂をはっきり記録した最初であろう。また飛鳥浄御原(あすかキヨミハラ)の宮(天武天皇)の御代十年に、川嶋皇子等十二人に詔(みことのり)して、帝紀および上古の諸事を記定させたとある。しかしこれら二つの文書は失われて、現在伝わっていない。だが平城宮(ならのみや)の御宇、天津美代豊国成姫天皇(元明天皇)の御代、和銅四年九月十八日太朝臣安萬侶(おおのアソミやすまろ)に詔して、この記(古事記)を撰録させたそうで、同五年、正月二十八日に完成して奉ったと序文にある。【続紀(続日本紀)には、このことは出ていない。】したがって、現在伝わる古記の中では、この記が最も古いことになる。日本書紀は、同じ宮の高瑞浄足姫の天皇(元正天皇)の御代、養老四年に出来上がったと、続日本紀にある。すると古事記より八年遅れて出来上がったことになる。この記は文を飾らず、古言のままに、古い真実のありさまを伝えることにつとめたということが、序文にも見えており、またここでも以下に論ずるとおりである。それなのに、あの書紀ができてからは、世間の人々は書紀だけを尊び、古事記は名さえ知らない人が多い。なぜかといえば、漢籍を学習することばかり盛んに行われて、何事も漢風に装ったことをすばらしいと思うので、書紀が漢籍の史書に似せて書いてあることを喜び、記のすなおな書きぶりは、正しい(漢籍のような)史書の様子でないと思って、読みたがらなくなったのであろう。ある人は、この事情を怪しんで、「この記ができていくらも経たないうちに、また書紀を編纂させたのは、古事記に誤りがあるからではないのか?」と言う。私は次のように答える。「そうではない。記があるのに、また書紀を撰進させたのは、当時朝廷でも漢学を盛んに行い好まれたので、記のあまりにも飾り気ない書きぶりが、中国の史書に比べて見所のない浅薄なもののように思えたため、物足りなく思われて、もっと広く材料を集め、年紀をきちんと立て、中国の書物にあるような言葉を飾り添えて、文章も中国風に作り、中国の史書に似せたものに仕立てようと撰ばせたものであろう。その事情をもっと詳しく言うならば、まず川嶋皇子たちに詔して帝紀などを作らせたことは前述の通りであり、その後和銅七年にも紀朝臣清人三宅臣藤麻呂に詔して国史を編纂させたことが続紀に出ている。この二度の撰の中でも、川嶋皇子らの作ったのは、記の初めと同じく、飛鳥浄御原(天武天皇)の御代に違いないが、記の初めがそれより先であったか後であったかは分からない。もし川嶋皇子の撰が記に先立つものであったら、これもまた「諸家之所レ齎、帝紀及本辞、既違2正実1、多加2虚偽1(ショケのもたるトコロノていきオヨビほんじ、すでにセイジツにタガイ、おおくキョギをくわう)」と、この序文にあるような状況にあって、その撰もまた正実と違っており、虚偽を加えていたためでもあろうか。もしまた川嶋皇子の撰の方が後であるとすれば、いったん思い立たれた古事記のことも、その撰で十分であるはずなのに、「運移世異、未レ行2其事1牟(ウンうつりヨかわり、ソノコトいまだオコナワレズ)」と、序文にあることを考えると、両者には違った狙いがあったのだと思われる。どこが違うかというと、書紀は漢文的な潤色を加えて、中国の史書に似せてあり、記は過去の真実の様子を伝えようとしている。その意図は序文に明らかである。そういうわけで平城の御代に至って、その大御心(おおみこころ)を継いで、太安萬侶に詔してあの稗田阿礼の暗唱する歴史故事を書き留めさせたのである。次に和銅七年に撰上させたという史書は、またあの中国の史書に似せた潤色の書の方であろう。また養老四年に舎人皇子に命じて書紀を撰進させたとある。そもそもこのように相次いで史書の編纂を行わせたのは、それ以前の潤色された史書がいずれも不出来で、天皇の意に適わなかったからだろう。そのため、これらは当時早く廃れてしまい、現在に伝わらず、その名前さえ残っていないのだ。しかし書紀だけは出来映えが良かったので、国の正史と定められ、その後は改めて史書を撰ぶことはなかったのである。にもかかわらず、この記は書紀ができた後にも棄てられることはなかったらしいのは、以前の二つの史書のような潤色も施されず、ただいにしえの真実を伝えているからに他ならない。とすると、書紀が撰ばれたのは、記が誤っているからではない。元来その書の目的が違っているのである。もし記が誤っているという理由で書紀が撰ばれたのであったら、これもあの二つの史書のように早く廃れていたはずだが、その中で記だけが現在にまで伝わっているという事実を考えれば分かる。書紀ができても、なおそれなりに公に通用し、世間でも読まれていたと思われ、万葉集にもしばしば引かれている。【このことは、すべての詳細が明らかに分かっているわけではないが、前述の二つの史書が撰ばれた形跡などを考え合わせ、こうであろうかという推測を一通り述べたのである。】また人が問うていうには、「川嶋皇子に仰せて撰ばせた史書のことは書紀にあり、和銅七年のと書紀(養老四年)のことは続日本紀に出ているのに、古事記についてはどこにも出ていないのは、この記の編纂は他の史書のように公に重視されたことではなく、内々に行われた小さな事にすぎないのではないか。また書紀の神代巻のように『一書に曰く』として取り上げられた多数の異説の中に、この記に見える説も出ているのを見ると、実際は古事記も数多ある一書の一つに過ぎないのではないか。それに対して書紀は、いくつもの異説をすべて載せており、少しも不足のないように完全を期した書物なので、記とは比べものにはならない。ならばこの記をどうして書紀と同等に尊ぶことができようか。」私は次のように答える。この記は書紀の一書の中の一つで、みな書紀に含まれ、書紀の方が内容が完備している、という議論は以前からある。実際書紀は史料が広く蒐集されていて、紀年も何年何月と明確であり、不足のない史書なので、記がそれに及ばないところが多いことは言うまでもない。だが、そうではあるが、記の方が優れている点もある。上代に書物というものがなく、ただ人が口から口へ語り伝えたものであれば、決して書紀の文のようなものでなく、この記の言葉のようであっただろう。書紀はとにかく中国の史書に似せようとして文を飾っているが、記はそうしたことに関係なく、ただいにしえから伝わる言葉をそのまま伝えようとしている。【このことは次の巻の、序文のところで詳しく述べる。】そもそも意(こころ)と事(こと)と言(ことば)とは一致しているはずのもので、上代は意も事も言も上代、後代は意も事も言も後代、中国は意も事も言も中国であるが、書紀は後代の意に基づいて上代の事を記し、中国の言を用いて皇国(みくに)の意を表そうとしたため、一致しない点が多いのに、古事記は少しもさかしらの作り事を加えず、昔から言い伝えたままに記録されたものなので、その意と事と言がしっくりと適合していて、みな上代の真実である。これはもっぱら上代の言葉をもって書かれたからだろう、すべて意も事も、言をもって伝えるのだから、「書」というものは、そこに記された言辞こそ主体となる。書紀は漢国の文を意図して書かれたため、皇国の古い言葉のあやは失われていることが多いが、この記は古言のままなので、上代の言の文も極めて美しい。であれば、たとえ書紀の一書の中の一つで、重要な公の史書でないとしても、尊ぶのが当然であるが、ましてこの古事記は浄御原宮の御宇の天皇(天武天皇)の大御心から起こり、ふたたび平城の大御代の詔勅によって書かれたのであってみれば、決して軽々しい私の(プライベートの)書ではない。それらを考え合わせると、ますます尊ぶべき本は古事記であると思う。そのようなものなのに、かつて漢学のみ盛んに行われて、天下の制度も漢に似たように定められて来たので、こうした書物までがひたすら漢の書物に似せて書かれたのを喜んで、これこそ主流とし、上代の真実なことも傍流におかれて、まるで私の(プライベートな)もののように扱われてしまった。おそらくそのせいで、古事記撰上のことも、書紀などには載せられなかったのだろう。それ以後はますますその考え方になって、(古事記を)取って見ようという人もまれになり、世間の物知りたちは、これを正しい国史の体を成していないとして、なおざりに思ってきたのはとても残念である。そもそも皇国の古い国史というものは、これらの書物の他には伝わっていない。その叙述方法や前例は、漢の書物に習わざるを得ないので、形が完備しているというのも、漢の史書に似ていることを喜んで言うのである。もし漢にへつらう心さえなければ、漢の書に似ていないからといって、何も問題はないだろう。万事漢を主体としていい悪いと判断する、世人の習慣こそおこがましい。私の先生である岡部の大人(うし)【賀茂真淵】は、東国の遠朝廷(とおのみかど:江戸)のもとで、古学を導入されて以来、千年以上の長い間、人々の心の底に染みついた漢籍意(カラぶみゴコロ)の醜さを少しずつ理解する人も出て来て、この記の尊さを世人も知るようになったのは、学の道において、神代以来ならぶものもない大人の功績である。宣長はそのおかげでこのことを知るようになり、年月を経る間に、いよいよ漢意の汚いことを知り、上代の清らかな真実がよく見えてきたので、この記をあらゆる書物の中の最上の書と考え、書紀をこの下に置くものである。仮にも皇国の学問を志すものは、このことを決して思い違えてはならない。

もくじ   次へ
inserted by FC2 system